知っているようで知らないお金!お金の真相に迫る

お金については、「知らず知らず知っている」や「成長と共に見に付いている」という人がほとんどで、詳しく考えた経験のある方は少ないと思います。

しかし、お金は奥が深く人生に影響を与えるもので、場合によっては幸せや不幸を決める存在です。

この記事では、日頃深く考えないお金について様々な角度から紹介します。

そもそもお金とは?

お金は、人類の進化の証とも言える存在で、お金があるからこそ現代社会が成り立っています。

お金がない時代は、物々交換で個々の必需品を調達するなど、今考えると不便なことが色々あります。

一方、お金と言えばデフレとインフレが関係していて、国の経済状況によってお金の価値が変わります。

日本は、お金の価値が安定している国のため、1円は1円なりの価値があり小さな価値を大きな数字で流通させずに済んでいます。

例えば、お隣韓国は小さな価値のお金でも単価が大きいので、何万ウォンと言っても流通価値は低くなっています。

お金はなぜ必要なのか?

「お金という存在が無ければ苦労しないのに!」と思った経験のある方も多いでしょうが、お金は必要不可欠な存在です。

お金というシステムがないと、様々な物を流通させることができなくなり、現代のような先進的な生活が難しくなります。

「これを売って必要な物を手に入れたい。」という時、お金の存在がないと物々交換をするしかなく、売りたくても売れない状況や売りたくない交換相手がでてくるなど、不便を感じるケースが多くなるでしょう。

また、経済を発展させるためにはお金が必要不可欠で、安定したお金の価値が経済を発展させ、自由競争や個々の成功などを生み出します。

仮に、お金の価値が安定していない社会だと、地域によってお金を使うことができなくなり、地方格差や生活格差が現在より大きくなります。

そのため、人間が現代的な生活を送る上でお金は必要な存在で、お金があるから発展があって人間同士の蜜な繋がりが生まれます。

お金は人をどう変える?

お金があると健康と愛以外は手に入ると言われていて、お金に執着する人がほとんどだと思います。

「お金は人をどう変える?」という点に着目した場合、人間関係を始め色々な部分に変化を与える可能性があります。

お金がある人は、「余裕」や「安定」を手に入れることができ、逆にお金がないと「不安」や「不安定」な状況を招いてしまいます。

そこが、お金が人を変える根本的な部分だと私は思っていて、お金がないリスクを背負いたくないために人間は変わると思います。

「お金の切れ目は縁の切れ目」と言われますが、お金がなくなると無くなった本人だけではなく、周りにいた人にも変化がでてきます。

お金があると天狗になる人もいて、天狗になっても周りは近づいています。

しかし、お金がないのに高姿勢な態度を取ると、周りには誰もいなくなり今迄の関係はお金だったと気付きます。

お金は、人の性格や考え方、付き合い方などを大きく変える存在で、場合によっては欲が醜さを生み出し、時には前向きな考え方を生み出します。

お金との上手な付き合い方とは?

お金との上手な付き合い方は、収入と支出のバランスをしっかり保つことが大切で、このバランスが悪いと色々な部分に不具合が発生します。

収入に対し支出が多い場合、借金を抱える可能性が高くなり、お金の不足感から「お金が欲しい!」という執着心が強くなります。

お金への執着心が前向きな勤労意欲を生むものの、人によっては悪い方向に進むケースもあるため、お金に執着し過ぎない生き方が大切だと思います。

一方、「お金は天下の周りもの」という考え方の人もいて、貯金より出費を優先するケースもあるようです。

ただし、この考え方は出費だけ膨らむ可能性があるので、財を得られない時は改める必要があります。

そのため、身の丈に合ったお金の使い方と貯め方が、お金との上手な付き合い方の原点だと思います。

お金を持つことのメリット

お金を持つことのメリットは、「やりたいことをやれる」や「買いたい物を買える」、「家族に安定した生活環境を与えられる」など、生きていく上でプラスになる部分がほとんどです。

お金で生まれた愛が本物とは言えませんが、お金があると付き合えない相手と交際できる可能性もあるので、こういった点もお金を持つことのメリットと言えそうです。

お金を持つメリットは紹介した以外にも沢山あって、メリットを知っている人間がほとんどだから、お金持ちになりたい人が多いと言えます。

また、病気になった時にお金があると、治療に専念することができ、生活水準を維持しながら対応できるなど、万が一に対応しやすいというメリットもあります。

お金を持つことのデメリット

お金を持つことのデメリットは、お金を狙われやすくなる点が一番で、犯罪的な部分に限らずお金を狙う人が身辺を取り巻く可能性が高いです。

一方、お金を持つと「お金による人間関係」が生まれやすく、「真の人間関係」を築き難くなるというデメリットも考えられます。

お金がない自分と付き合ってくれる人は、自分自身の何かに魅力を感じている可能性が高く、お金を持っている自分と付き合ってくれる人は、自分のお金に魅力を感じている可能性が高いでしょう。

これをデメリットに感じるかは、お金を持っている人によって変わるでしょうが、「メリットかデメリットか」で考えますと、デメリットに捉える部分だと思います。

まとめ

お金には、様々なリスクが付いてくるものの、富や名誉などプラスになる部分が沢山あります。

また、お金を持つと人間性を変える可能性が高いので、本来の幸せを見失うケースも考えられます。

「お金を持っても変わらない」というスタイルがベストな状態で、変わらない生き方がお金を有効活用するポイントだと思います。

※人気現金化業者、キャッシュラインってどうなの?